入れ歯・義歯とは、歯が無くなった場所に人工的にいれる歯のことで、人工根を入れてそれに被せる治療をインプラント、取り外し式のものを一般的に「入れ歯」と呼び、固定式のものを「ブリッジ」と呼びます。

入れ歯・義歯が必要?

年齢を重ねるにつれて、また事故などによって歯がなくなってしまった時に入れ歯・義歯という選択肢があります。
「一本だけなら無くても大丈夫かな。」と思っていませんか?
入れ歯・義歯とは見た目の美しさのためだけのものではありません。歯がある事は健康にとってとても大切なことです。

歯が無くなったまま放置したらどうなるの?

一本だけだからと、そのままにしておくと食事もよく噛めなくなるばかりか、歯並びのバランスが崩れて、歯が倒れたり移動し始めます。
歯並びが崩れてしまうと均等な力で噛めなくなり、一部の歯に負担がかかってしまいます。
また歯に隙間ができて汚れが溜まりやすくなったり、負担がかかってしまう歯の周りで歯周病が起きやすくなってしまいます。

噛み合わせが悪くなると、アゴの筋肉にも負担がかかり、口が開きづらくなったりアゴに慢性的な痛みが出ます。その後、頭痛や肩こりの原因にもなることもよくあります。

入れ歯の特徴

(ここでは取り外し式の入れ歯のこと)

  • 長所
    保険で作製できる(素材により)
    修理が可能
    基本的に外科手術不要
    お手入れがしやすい(外せる)
  • 短所
    慣れないと違和感が強い
    失った歯の代わりに入れる歯を支えるために少なくとも前後の歯にバネをかけるので、金属のバネを使った)入れ歯は金具が目立つ場合がある
    金具が歯や頬、唇、舌等を傷つける場合がある
    ものが挟まりやすい

インプラントの特徴

  • 長所
    見た目が自然
    噛む力が回復
    他の歯にほとんど影響がない
    (良好に保っていれば)
  • 短所
    外科手術が必要(しばらく腫れる場合がある)
    噛めるまでに数か月かかる(手術から被せものを入れるまで)
    メンテナンスが難しい
    保険適用外

ブリッジの特徴

  • 長所
    保険適用内(素材、治療内容により)
    入れ歯に比べ違和感が少ない
    金具が見えない(素材による)
    比較的短期間で作製可能
    (インプラントや入れ歯に比べて)
  • 短所
    失った歯の代わりにブリッジを入れるために少なくとも前後の歯を削る必要があるので、健康な歯でも削る必要がある
    お手入れがしづらい(フロスがかかせない)