総入れ歯

診察の結果、残せる歯がない場合やご自身の歯が一本も残っていない場合は、総入れ歯を作製いたします。
※基本、保険適用内はプラスチックタイプ、保険外の場合はチタンやナイロン、シリコンなど様々な種類がございます。(一部保険併用が出来ます)

部分入れ歯

保険適用内はプラスチックでできた義歯床のタイプです。(症例によっては金属が限定されますが、金属をフレームに使用できる場合があります)

義歯床の違い

レジン床義歯

プラスチックでできた義歯床のタイプです。保険適用の入れ歯や自費の入れ歯には基本的にこちらの素材が使われます。
安価ですが、強度を出すために厚くなりやすく、装着時の違和感を感じたり、食事の温度を感じにくいなどの短所がみられる場合もあります。
また、歯茎を刺激して炎症が起きやすいとの特徴があります。

当院では自費治療の場合はナイロン素材を使用するので、上記のような心配はありません。
通常、保険や自費に使われるバネは金属が使われますので、歯に負担がかかったり見た目が良くありません。

金属床義歯

金属床義歯は、金属でフレームを作っているので薄く作製できます。義歯床が合金で作られた入れ歯です。(症例によっては保健用の金属で作製できる場合もあります)
金属でできているため丈夫で、強度もあるので厚みを薄く保つことが出来るため、食事を楽しみやすいといわれています。

当院では自費治療の場合はチタンフレームを使います。
チタンフレームは薄くて軽くて変色しません。