痛みを軽減させ、治りが早く、通院が短期間で済むレーザー治療

レーザーとお灸を駆使した痛みの少ない治療

当院では東洋医学とレーザーを融合させることで、痛みの少ない治療を行っております。
レーザー機器は様々な種類をご用意しており、すべて用途にあわせて使用しております。

患者さまが歯医者に通わなくなる原因の一つに「痛み」があるでしょう。
しかし当院では診療の補助として複数のレーザーを使用することで、患者さまの痛みの原因を取り除くことができるように努めております。
また、お灸を併せて用いることで、より痛みやつらさの軽減を図っております。
レーザー治療は当院が自信を持ってご提供できる治療ですので、是非一度ご相談ください。

からだに優しい抜かない治療を心がけて

可能な限り歯や神経を抜かない、注射・薬を用いないなど、身体にとって優しい治療を行っております。
患者さまにとって一番いいのは、ご自身の歯で生涯を過ごしていただけることです。
そのため当院では、歯を残していけるような選択を選んでいただけるように、知恵を絞り提案をさせていただいております。

歯を抜かないためには、余計な箇所を削らずに、削る必要がある場所だけ削ることが重要になってきます。
そのためには精密な検査を行うことはもちろんですが、患者さまのお話を聞けるようにコミュニケーションを円滑に取り、患者さまとの関係性を作ることも重要です。
患者さまとの関係性を作ることで、痛みがどこから発生しているのか、いつから痛いのかなどを偽りなく聞くことができ、適切な処置を提供することができます。

注射・薬は患者さまの状況を見ながらによってですが、できる限り量を使わずに治療を行うように心がけております。

 

こんな方におすすめ

歯ブラシで吐き気

歯ブラシを入れるだけで、吐き気がする患者さん。
お口に異物が入ることや大きく口をあけることができないような方でも、1回のツボ刺激だけで、通常、相当長い期間嘔吐反射を抑えることができます。
歯磨きもきちんとすることができるようになりますし、歯の形採りやレントゲン撮影も楽になり、きちんとした治療ができるようになりました。

歯医者が怖い!お子さんの虫歯

小さなお子様は歯が痛むのに怖がって口を開けてくれないことがよくあります。
そんな場合にも、お子様がぐずっているうちに耳のツボにレーザーを数秒照射すれば本人が気付かぬうちに痛みが取れてしまう場合もございます。
通常、これを2、3回繰り返すうちに恐怖心も和らぎ虫歯の治療ができるようになります。
虫歯の穴を埋める際には、神経近くまで虫歯が進んでいても、痛みがなければほとんどの場合、神経を取らずに詰め物をして終わることができるようになります。化膿している場合も通常の治療期間よりも早く治ります。

注射や薬はNG!妊婦さんの歯痛

虫歯や歯周病の痛みがあっても胎児のために薬も飲めず、出産までひたすら我慢していた妊婦さん。
我慢できずに歯医者さんに行ったらなぜ妊娠前に治療しなかったのかと怒られたという方もいました。

当院では虫歯で神経が痛んでいる場合でも、程度(痛みが続く場合は対象外)によってはレーザーによるツボ刺激と直接歯に照射することで、痛みが殆どなくなります。歯に仮詰めをしておけば、出産まで持たすことができる場合があるので、母体にとっても安全で、負担をなくし、お腹の赤ちゃんにも安心です。

レーザー治療器で最適な治療を行います

5機種・6種類の波長のレーザー治療器を治療目的に合わせて選択使用しております。

半導体レーザー

Er/Nd:YAG複合レーザー

高周波治療器 Cosmo Cure