院長
柳 時悟

  • あいさつ
  • プロフィール
  • 経歴
  • 主な論文

あいさつ

当院では、レーザーとお灸を用いた痛みの少ない治療を行っております。
患者さまの中には、「痛いから行きたくない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな方でも安心してお越しいただけるように、工夫しながら治療を行っております。

お口の中のトラブルは、対処が遅すぎるということはございましても、決して早すぎるということはございません。
私と妻の2人で温かい対応をいたしますので、少しでもお口の中で気になることがございましたら、お気軽にお越しいただいてご質問ください。

プロフィール

誕生日 1948年1月29日
座右の銘 誠意
やりがい 全身の健康に寄与できる

経歴

経歴

  • 1973年3月…神奈川歯科大学 卒業
  • 1975年~2003年…「柳歯科医院」開院
  • 2003年~…「アップル歯科」開院

主な論文

1997年 ・演題
「患者の体調をBi-Digital, O-ring Testで知ることにより、医療事故の予防に役立てる」
第3回 バイ・デジタルO-リングテスト国際シンポジウムにて口演
(早稲田大学井深大記念ホールにて)
・演題
「消炎鎮痛に対する無痕灸によるつぼ療法の1症例」
第15回 日本歯科東洋医学会にて口演
第47回 日本鍼灸師学会にて口演(岐阜にて)
1998年 ・演題
「重度の口蓋咽頭反射に対する東洋医学療法」
第16回 日本歯科東洋医学会にて口演
「消炎鎮痛に対する無痕灸によるつぼ療法の1症例」 日本歯科東洋医学会誌掲載(Vol.17、No.1)
1999年 ・演題
「知覚神経麻痺」症例に対する新頭鍼療法(YNSA)の応用
第17回 日本歯科東洋医学会にて口演
「重度の口蓋咽頭反射に対する東洋医学療法」 日本歯科東洋医学会誌掲載(Vol.18、No.2)

歯科衛生士
柳 若子